instagram Facebookツイッター
バナー
Mo. 15. Okt. 2018
Eメール 印刷

ドイツで楽しむ日本の家ごはんドイツで楽しむ日本の家ごはん
ドイツをもっと。暮らしと旅の本棚シリーズ①

著者:豊田 裕、白乃 雪

発行元:まほろば社

さまざまな国の人々が共存しているドイツでは、ドイツ料理のほかにも欧州各国やアラブ諸国、アジアなどバラエティ豊かな料理が家庭で、レストランでいつでも気軽に食べられる。しかし、ドイツでの生活が長くなるにつれ恋しくなるのが、小さい頃から慣れ親しんだ「日本の味」だ。これは長期間海外で暮らしている人なら誰もが感じることだろう。

そんな食文化が違う国で日本食を作ろうとする際に立ちはだかる壁が、食材の調達である。「こんな日本食が食べたい!」と思っても、なかなか日本と同様の野菜や肉、魚などを見付けることができず、断念することもしばしば……。

本書では、ドイツのスーパーで手に入る食材をいかにして代用品として使ったり、一手間かけてより日本の味に近づけるかなど、目からうろこが落ちるアイデアが満載。ほかにも食材のドイツ語表現、ドイツ食材を利用した和風アレンジメニュー、和菓子など、メインからサイドディッシュ、スイーツまで40種類以上ものレシピやお役立ち情報が掲載されている。誰もが「ああ、これが食べたかったんだよ!」というような、レシピのチョイスなのもうれしい。

また、ほっこりとする温かみのあるイラストと、美味しい香りが漂ってきそうな写真による構成で、子供と大人が一緒に読んでも楽しめるような仕立てになっているのもポイントだ。週末には家族で手作りうどんやラーメン作りに挑戦してみるのも楽しそうだ。

これからの季節はクリスマスやお正月など、家族や友人と集まる機会が多くなる時期なので、日本食の新たなヒントを得たい方や、ドイツ人の友人を招いてのクリスマスパーティー、新年会を予定している方にもおすすめの一冊。

意外と知っていそうで美味しく作るコツを知らなかった日本食メニュー。故郷の味が恋しくなった時には、ぜひ本書を片手に、キッチンに立ってみてはどうだろうか。(編集部:栗原ちひろ)

※ 本書籍の国内販売店・通販は www.mahoroba.de まで

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス