instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Fr. 19. Okt. 2018

スタッフのつぶやき

15 April 2016 Nr.1024

丑

日本へ一時帰国しました。日本の我が家に着いて一番に思ったのは、「部屋が狭い……!」こと。我が家のリビングは広い方だと思っていたのですが、ドイツの広い部屋と大きな窓、高い天井に慣れると、なんとも小さなリビングに思えてしまったのです。日本に帰ってみてドイツの居住空間の大きさに改めて気づきました。ところが、 2 ~ 3日すると、この狭い空間が心地良い空間に思えてきました。「こじんまり感」が可愛いというか日本らしく、愛おしくすらなります。そして、またドイツへ。居住空間も街並みもドイツは大きくてゆったりしていていいなぁと思いつつ、なぜか部屋の中では、壁の隅の狭いスペースに落ち着きを求めてしまう私です。(丑)

羊

家庭内では日本語で、現地の幼稚園ではドイツ語が、バイリンガル教育に放り込まれた息子の日常。普段はあまり幼稚園での様子を見ることができないのですが、先日、少し早めにお迎えに行ける機会があり、そっと教室の様子をのぞき見て(怪しい人)みました。言葉がやっと出始めた2歳になりたての息子は、幼稚園の先生に「ヒコーキ!」と棚の上にある飛行機のおもちゃを指差しながら主張していました。もちろん、先生は「ヒコーキ?」と困り顔。棚のおもちゃを順々に見せてもらって、やっと飛行機をゲット。「Ach, Flugzeug!」と、最後は先生とニッコリ。サバイバル・バイリンガル生活の中から息子は言葉以上の何かも一緒に学んでいるのかな。(羊)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
習い事&スクールガイド 日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス