Facebookツイッター
ミュンヘン・インターナショナル・スクール
Mi. 24. Jan. 2018

核合意維持を確認=EUと英独仏、イラン外相と会談

【ブリュッセル 1月11日 時事】欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)と英独仏の外相は11日、ブリュッセルでイランのザリフ外相と会談した。モゲリーニ氏は会談後の記者会見で、イランとの核合意が「機能している」と強調した上で、「EUは断固としてイランの核合意を維持する決意だ」と改めて表明した。
トランプ米政権は核合意で解除された制裁の再発動の是非を12日までに判断するとみられている。EUと英独仏がわざわざイランとの合意維持を確認したのは、米国に慎重な判断を促す狙いがある。
モゲリーニ氏と共同記者会見したフランスのルドリアン外相も「合意は必要不可欠で代案はない」と強調。ドイツのガブリエル外相は、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮を念頭に、「外交努力により核開発を阻止することが可能だというシグナルを発することが必要だ」と述べた。
モゲリーニ氏は、ザリフ氏との会談ではイラン各地で起きた反政府デモに関しても協議したことを示唆したが、詳細は明らかにしなかった。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS 初夢フェア ボルシア・ドルトムント VIPチケット
バナー 習い事&スクールガイド バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択