instagram Facebookツイッター
JAL
Di. 20. Okt. 2020

DDR時代にタイムスリップ?ライプツィヒ最古のアイス屋さん

以前本誌1123号でも特集されていたように、ドイツのアイスクリーム生産数はEUナンバー1。ここライプツィヒでも、アイスクリーム屋さんを至る所で見かけます。日本では珍しいローズマリーやバジルなどのハーブ入り、クミンやシナモンなどのスパイス系、ラムやジンなどアルコール入り、ビーガンやラクトースフリー……などなど、フレーバーがとても豊富です。この夏、定番のバニラ、チョコから変わり種まで、私もさまざまな味のアイスクリームを食べました。秋の訪れとともにアイスクリームシーズンが過ぎ去ろうとしていますが、今回はライプツィヒに古くからあるアイスクリーム屋さんを紹介したいと思います。

DDR時代のものに彩られた店内DDR時代のものに彩られた店内

Eisdiele Pfeifer は1953年に創業して以来、東ドイツ(DDR)時代を経て現在まで営業を続けているライプツィヒで一番古いアイスクリーム屋さんです。ライプツィヒの人々に初めてコーンのアイスクリームを提供したのもEisdiele Pfeiferだとか。創業者のPfeiferさんらによる家族経営が続けられてきましたが、その後2007年に、建築家のMehlitzさんが店を受け継ぎました。しかし店内の雰囲気はそのままに残されており、花の壁紙をはじめ、椅子や机、ランプなどのインテリアは当時のDDRデザインのものを使っています。

さらにアイスクリームも、1972年から使われているアイスマシーンを使って毎日手作りされています。また、コーンで提供されるアイスクリームだけではなく、グラスにバニラアイスと熱いサクランボシロップ、生クリームとワッフルを乗せたオリジナルパフェなど、ほかのメニューも充実。コーヒーやクッキー、ケーキ、ジャムなども提供されているので、カフェとしての利用もおすすめです。

さまざまなオリジナルパフェのメニューさまざまなオリジナルパフェのメニュー

ちなみに店員さんにお願いすれば、小さなプラスティック製のスプーンがもらえます。このスプーンには、「Maik」「Finn」「Ingo」など、さまざまな人の名前が書かれています。このスプーンに書かれているのはドイツの定番の名前だそうで、私のスプーンは「Bärbel」。このスプーンも昔から提供されているもので、DDR時代には贅沢品だったアイスクリームを、この小さなスプーンでみんなが少しずつ食べていたのだと、店員さんが教えてくれました。

私がお店を訪れた時は、ちょうど近所の小学生たちが先生と一緒にアイスクリームを買いに来ていました。みんなそれぞれ自分の好みのアイスを選び、少し友だちと交換したりしながら、にぎやかにアイスを食べていました。今の小学生たちの間で1番人気なのは、チョコバナナ味だそうです。

オリジナルパフェはボリューム満点オリジナルパフェはボリューム満点

Eisdiele Pfeiferは近所の子どもから大人まで、地元の人に愛されているアイスクリーム屋さん。中央駅からトラムで5駅、DDR時代の雰囲気を味わいにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

小見山 郁子(こみやま いくこ)
岡山県出身。コミュニティースペースやまちづくりに興味を持ち、NPOで活動しながら診療放射線技師として8年間病院勤務。ひょんなご縁で2018年に渡独し、ライプツィヒにある「日本の家」で活動を開始。現在日本食とフリースペースを兼ねた場所を起業準備中。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
16 Okt 2020 1132号
特集:ドイツにまつわる
20の疑問
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択