ニュースダイジェストの制作業務
Wed, 19 June 2024

英国の
愛しきギャップを
求めて

英国に暮らして20年。いまだに日々のあらゆる場面で「へー」とか「ほー」とか「えー」とか言い続けている気がします。住んでみて初めて英国の文化と人々が、かくも奥深いものと知りました。この連載では、英国での日常におけるびっくりやドッキリ、愛すべき英国人たちの姿をご紹介したいと思います。


93
ガーデニング王国の庭の秘密とは?

「ガーデニング王国の庭の秘密とは?

世界中のガーデニング好きが集まるチェルシー・フラワー・ショーの開催地である英国。ガーデニング王国として知られるこの国では、庭いじりは人々の生活の一部になっていると言っても過言ではありません。

実は、英国に住むようになって初めて英国人家庭のガーデンをいくつも見せてもらってから知った秘密があります。それは、大抵の家には二つのガーデンがあるということです。

まず、玄関先にあるのがフロント・ガーデン。最近では家の建物の前にはレンガやコンクリートを敷き詰めて車が乗り入れできる家も増えてきましたが、花壇があったり、木々が植えてある庭もまだまだ健在です。近所にある丹念に手入れされたフロント・ガーデンでは、ついこの間までブルーベルが咲いていて、ライラックの花も甘い香りを漂わせていました。

また、春から秋ごろまでは、玄関のドアのそばにハンギング・バスケットが飾ってある家も少なくありません。バスケットからこぼれ咲く花々は「いらっしゃい」と、ゲストを温かく迎えるシンボルのようにも思えます。

このように、フロント・ガーデンは通りを行き交う人の目に触れるので、どこの家でも手入れが行き届いているのが普通。観光で英国を訪れた人たちは、こうした前庭を見て「さすがガーデニング好きのお国柄」などと感心するかもしれません。

でも、英国家庭の本命のガーデンは、実は家の奥にあります。というのも、玄関から家の中に入り、部屋を通り抜けたその先にあるバック・ガーデンこそが、その家のメインの庭なのです。そこは、ガーデナーが(この場合、家人の場合もあるし、人によってはお抱えの庭師を雇っている場合もあります)、長い期間をかけて丹精してきた庭です。

イングリッシュ・ガーデンの名にふさわしい、英国らしい草花が咲き誇るボーダー・ガーデンや、野菜やハーブ類を育てるヴェジ・パッチがある庭。仏頭や灯籠が紅葉などと一緒にディスプレイされているアジアン・テイスト(?)な庭もあります。


このように、庭のスタイルは好みによってさまざまなバリエーションがありますが、いずれにしても、ガーデニング王国の人々のプライベートな庭を見たければ、家主と仲良くなって、このバック・ガーデンを見せてもらうに限ります。とはいえ、家主と友達でなくても大丈夫。幸いにも英国にはザ・ナショナル・ガーデン・スキームというチャリティー活動があり、個人宅の庭や、普段一般公開されていない庭園がオープン・デーを設けています。その制度を利用して、今年はあなたも、英国家庭のガーデン巡りを楽しんでみてはいかがでしょう?

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook


マクギネス真美マクギネス真美
英国在住のライフコーチ/編集者/ライター。2003年渡英。英国の食、文化、人物、生活などについて多媒体に寄稿。音声メディアVoicyパーソナリティー。英国人の義母に習い英国料理の研究もしている。
mamimcguinness.com
過去のコラム:英国の口福を探して
日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン Sakura Dental Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street お引越しはコヤナギワールドワイド

hyper-japan-202406 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ