Facebookツイッター
Hautarztpraxis Dr Chen プライベート皮膚科診療院 Dr. チェン
So. 23. Sep. 2018

独自ブランドの伸び率が好調

Eメール 印刷

スーパーなどが独自に展開するオリジナルブランドの伸び率が高く、2017年はこれまでにないほど売れ行きが良かったという。マーケティングリサーチ会社のGfKによれば、エデカ、レーヴェ、アルディ、リドルは、昨年は自社ブランドの販売量のマーケット・シェアが37.4%にまで伸びたという。自社ブランドの中でも、比較的安価なシリーズから高級感を出したシリーズなど、いくつか違う種類を展開している企業もあり、ビオ商品の販売状況も好調だという。自社ブランド以外の商品は、知名度が高いメーカーは今でもファンが多いことがあるが、知名度が低いメーカーは自社ブランドに対抗することが難しくなってきている。GfKによれば、これらのメーカーは2000年頃から市場シェアの40%を失ってしまったという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー 習い事&スクールガイド 日本メディカルセンター

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択