instagram Facebookツイッター
JAL
Fr. 15. Jan. 2021

簡単おいしいレシピ

坪井由美子(つぼいゆみこ):在独食いしん坊ライター。観光地から穴場の面白スポット、ライフスタイルまでリアルなドイツと欧州の食文化をAll Aboutほかさまざまなメディアで執筆。ツイッターで「美味しいドイツ」をほぼ日発信中。https://twitter.com/realdoitsu

冬野菜ケールをおいしく食べよう!

霜が降りたら旬を迎えるといわれる「グリューンコール」(Grünkohl)。日本では青汁の原料ケールに当たり、栄養価が高いことで知られます。冬の間のビタミン補給に、おいしく料理していただきましょう。

ケールとソーセージの煮込み

ケールとソーセージの煮込み 薫製肉やソーセージと一緒に、くたくたになるまで煮込んだケールは、北ドイツの冬の定番料理。迫力ある見た目とは裏腹に、優しく滋養溢れる味わいです。

材料(たっぷり4~ 5人分)

ケール(Grünkohl) 800g ~1kg
*葉だけ袋詰めされたものが便利
玉ねぎ 1個
じゃがいも 2個
にんじん 1本
バター 大さじ2
800ml
顆粒ブイヨン 小さじ1
オートミール 大さじ1
砂糖 小さじ1
薫製ソーセージ 4本
薫製豚肉(Kassler) 500g
マスタード 適量

作り方

  • ケールは茎の固い部分を取り除いてよく洗い、塩(分量外)を入れたお湯で2~3分茹でて粗く刻む。玉ねぎはみじん切り、じゃがいもは2cmの角切り、にんじんは粗めのみじん切りにする。
  • 鍋にバターを熱して玉ねぎを炒め、にんじんと水気を切ったケールを加えてなじませる。水、顆粒ブイヨン、オートミール、砂糖を入れて30分以上煮込む。
  • 薫製ソーセージとスライスした薫製豚肉にフォークで何カ所か穴をあけ、❷に加えてさらに30分以上煮込んだら出来上がり。マスタードを添えていただく。

ケールチップス

ケールチップス ヘルシーおつまみとして米国を中心に流行したケールチップスは、つい手が伸びるおいしさ。好みのオイルやスパイスでアレンジするのもおすすめです。

材料(作りやすい分量)

ケールの葉の部分 100g
オリーブオイルまたはごま油 大さじ1
適量
お好みでスパイス(カレー粉、クミンなどがおすすめ)、パルメザンチーズ、.刻み海苔など 適量

作り方

  • ケールはよく洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取って食べやすい大きさにちぎる。
  • ボウルにケールと油、塩を入れ、手でなじませる。お好みでスパイスを混ぜ合わせる。
  • 天板にクッキングシートを敷いて、ケールを重ならないように並べる。150度のオーブンでパリっとするまで約5分焼く。※焦げないように注意
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

デザイン制作
ウェブ制作