Hanacell
   

仏大統領、24年ぶり国賓訪独=「欧州の核心」、結束強調

【ベルリン 5月27日 時事】フランスのマクロン大統領は26日、ドイツを公式訪問した。仏大統領が国賓待遇で訪独するのは、2000年のシラク大統領以来24年ぶり。独仏は欧州政治の要だが、最近は方向性の不一致が目立っている。3日間の訪独を通じて、意見を擦り合わせ、結束を示す考えだ。
続きを読む...
 

ドイツ企業、円安で日本事業苦境=8割が「市場の魅力に悪影響」

(5月24日 時事)在日ドイツ商工会議所が24日公表した為替相場動向に関する調査結果によると、在日ドイツ企業130社のうち82%が「円安はビジネス拠点としての日本市場の魅力に悪影響を及ぼしている」と回答した。円安は「良い」との回答は9%だけだった。
続きを読む...
 

1~3月期の独GDP確定値、前期比0.2%増=節約志向が顕著

【ベルリン 5月24日 時事】ドイツ連邦統計局が24日発表した1~3月期の実質GDP(国内総生産)確定値は、季節調整済みで前期比0.2%増だった。速報値から改定はなかった。2023年10~12月期は同0.5%減だった。ブラント長官は「24年は明るい兆しで始まった」と説明した。
続きを読む...
     

EU、世界初のAI規制法成立=全面施行は26年の見込み

【ブリュッセル 5月21日 時事】加盟国の閣僚級でつくる欧州連合(EU)理事会は21日、人工知能(AI)の開発や利用に関する規制法案を承認し、同法が成立した。規制の全面的な実施は2026年となる見通し。
続きを読む...
   

ナーゲルスマン監督の契約延長=2026年W杯まで―サッカー・ドイツ代表

【パリ 4月19日 時事】ドイツ・サッカー連盟は19日、同国代表のユリアン・ナーゲルスマン監督(36)との契約を、2026年ワールドカップ(W杯)まで延長すると発表した。次回のW杯は米国、カナダ、メキシコの共催で同年6月に開幕する。
続きを読む...
 

ドイツを期待させたW杯日本代表 – 日本は「とても強い」「最大のサプライズチーム」

5日、カタールで開催中のサッカーワールドカップ(W杯)において、日本代表は対クロアチア戦で1対1のまま延長戦を迎え、PK戦でクロアチアに敗れた。トーナメント戦敗退となり、悲願のベスト8は叶わなかった。
続きを読む...
 

W杯ドイツ代表敗退、日本はトーナメント進出 – 独メディア「世界王者から問題児へ」

1日、カタールで開催中のサッカーワールドカップ(W杯)において、ドイツはグループリーグ最終戦でコスタリカに4対2で勝利した。しかし、同時刻に行われていた試合で、日本が2対1でスペインに勝ったため、ドイツ代表はトーナメント進出を果たせなかった。
続きを読む...
 

W杯ドイツ代表、スペイン戦で引き分け – フュルクルクは「信じられないほどクールな男」

27日、カタールで開催中のサッカーワールドカップ(W杯)で、ドイツ代表はスペイン戦で1対1で引き分けた。23日の開幕戦で日本に1対2に敗れたが、トーナメント戦進出の可能性を残したまま、12月1日のコスタリカ戦に臨むことになる。
続きを読む...
   

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

Profil_202405
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択