instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Do. 20. Feb. 2020

おすすめの本&音楽

ミニマムで学ぶドイツ語のことわざ

著者:藤村美織
協力:Beate Wonde

発行元:クレス出版
ISBN: 978-4-87733-954-8

ミニマムで学ぶドイツ語のことわざ

ことわざをひも解いてみると、その国の歴史や文化的背景が見えてくる。例えば、ドイツ語のことわざ「Übung macht den Meister.(練習が名人をつくる)」は、練習することで成果を挙げられることを意味しているが、マイスターの国ドイツならではの表現だろう。本書『ミニマムで学ぶドイツ語のことわざ』には、そんなドイツ語のことわざが100も収録されている。紹介されていることわざはすべて、今日にいたるまで日常的に使われているもの。なかには「犬も歩けば棒に当たる」や「三人寄れば文殊の知恵」などの日本語のことわざと意味は似ているのに、全く違う表現のことわざがあるのは興味深い。韻を踏んでいることわざは、思わず声に出して読みたくなる。

本書はことわざの成り立ちや文法解説のほか、それぞれどのような場面で使うのか、例文とともにしっかりと解説されているので、ドイツ語の実践に活かすヒントも満載だ。その場の雰囲気を和ませたいとき、誰かに何かをびしっと言いたいとき、ことわざは大きな味方になってくれることがある。それは日本もドイツも同じかもしれない。気に入ったことわざが見つかったら、ドイツ語ネイティブの人の前で披露してみるのはいかがだろうか。きっとニヤッと笑い返してくれるはずだ。日々のドイツ語会話のスパイスに、ぜひことわざを取り入れてみて。

農業大国のお国柄が出る!?

ドイツ語のことわざ3選

農業大国ドイツを象徴するように、ドイツ語のことわざには「Bauer(農夫)」が登場したり、農業に関連するものが多くある。本書の中から、農業にまつわることわざを3つピックアップしてご紹介しよう。

Was der Bauer nicht kennt, das frisst er nicht.

農夫は知らないものを食べない

新しいものに警戒し、触れようとしないことのたとえ。文字通り「食わず嫌い」のことで、食べ物以外でも頑固で保守的な人や態度のことを指す場合もある。

Die dümmsten Bauern haben die größten Kartoffeln.

いちばん愚かな農夫がいちばん大きなジャガイモを得る

どう考えても信じられないような幸運に恵まれることがある、という意味。能力や努力に関係なく、何かを得たり成功した人に対して、冷笑的なコメントで使うことが多い。n で終わる単語が5回も登場することで、韻を踏んだ表現になっている。

Wer zuerst kommt, mahlt zuerst.

最初に来た者が最初に粉をひく

「先んずれば人を制す」や「早い者勝ち」の意。昔、集落ごとに水車に集まって粉をひいたことが背景にあり、中世ドイツの重要な法書「ザクセン法鑑」に出てくることわざ。

 

Japan Airlines 2020年カレンダー販売
ロンドンのゲストハウス 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター" バナー

ロンドンのゲストハウス