JAL
Do. 09. Dez. 2021

人々の笑顔が溢れる2年ぶりのクリスマスマーケット

【ロストック発】太陽がすでに冬眠してしまったかのような11月中旬の北ドイツの港町、ここはロストック。完璧なまでに灰色の空を背景に、目の覚めるような黄色の葉っぱをまとったイチョウの木に心を奪われるも、「われに太陽を与えよ……!」という言葉が出てくる日々です。長くドイツに住んでいると、冬の風物詩の必要性が身に染みますよね。そう、クリスマスマーケットです!
続きを読む...
 

気負わずに読書を楽しめる!街中にあるツリー図書館

【シュトゥットガルト発】子どものころ、私はあまり本を好んで読まなかったのですが、20歳を過ぎて社会人になったころから読書が大好きになりました。会社帰りにまだ図書館が開いていれば寄って、予約していた本をピックアップしたり、未知な分野の本を手に取ってみたり、何となく椅子に座って絵本をぱらぱらとめくってみたり……と、いつの間にか私にとって、図書館は癒しの場所になっていました。
続きを読む...
 

子どもたちの心に灯を!一番初めのアドベントクランツ

【ハンブルク発】もうすぐクリスマス。教会暦では、キリストの誕生日であるクリスマスまでの約4週間を「アドベント」(待降節)と呼びます。ドイツの「アドベントクランツ」(冠の意)と呼ばれるリースは、この時期に欠かせないデコレ-ションの一つ。クリスマスまでの日曜日が第一、第二、第三、第四アドベントで、日曜日が来るごとに1個ずつろうそくを灯していきます。
続きを読む...
 

バイエルン国立歌劇場で 優雅なひとときを

【ミュンヘン発】ミュンヘンに住んでいると、バレエやオペラ、オーケストラなどを観に行く機会に恵まれます。長く続いたロックダウンが暖和された今、私たちが待ち望んだクラシックコンサートやオペラ公演などの多くが再開されました。音楽や芸術を楽しむ機会は、ますます増えていきます。
続きを読む...
 

「性別とは何だろう」 Anjoさんと黄色いポスター

【ハノーファー発】秋の深まりを感じさせる10月。市庁舎には黄色の生地に紫色の丸が描かれた旗が掲げられ、風に揺れる旗を見つめるAnjo Kumstさんの姿がありました。そしてAnjoさんを含めた6人の写真が入ったポスターが、市中30カ所に10日間掲示されたのです。6×9メートルの大きなポスターに、「私はインターです。そう見えるでしょ」というキャッチコピー。そして「ニーダーザクセン州には約2万人のインターセクショナリティーの人がいます」という文言が続きます。
続きを読む...
 

ポツダム・ルイーゼ広場に 誕生した民主化運動記念碑

【ベルリン発】1989年のベルリンの壁崩壊というと、真っ先に挙げられるのが11月9日という日付です。しかし、ベルリンの隣、ブランデンブルク州の州都ポツダムの人々にとっては、もう一つ重要な意味をもつ日があります。あれから32年を迎えた日、ポツダムのルイーゼ広場に新しい記念碑が誕生しました。
続きを読む...
 

2年ぶりに対面開催されたフランクフルト・ブックフェア

【フランクフルト発】10月20~24日までの5日間、フランクフルトのメッセホールで本の見本市「フランクフルト・ブックフェア」が開催されました。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、デジタルのみでの開催でしたが、今年は感染防止対策を徹底した上で、2年ぶりに対面での開催が実現。オンラインでのイベントやカンファレンスなどのデジタルコンテンツも充実させて、コロナ時代のメッセとしてリアルとデジタルを組み合わせた開催となりました。
続きを読む...
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択