TK Techniker
Mo. 27. Sep. 2021

簡単おいしいレシピ

坪井由美子(つぼいゆみこ):在独食いしん坊ライター。観光地から穴場の面白スポット、ライフスタイルまでリアルなドイツと欧州の食文化をAll Aboutほかさまざまなメディアで執筆。ツイッターで「美味しいドイツ」をほぼ日発信中。https://twitter.com/realdoitsu

夏に食べたい! 冷たい麺

いよいよ夏も本番。手軽にできてさっぱり食べられる冷たい麺は、暑くて調理が億劫な時や、食欲が湧かない時のお助けメニュー。トッピングを工夫すれば、栄養バランスも良くお腹も満足。アレンジも思いのままです。

冷やしレモン麺

冷やしレモン麺 レモンを敷き詰めた冷やし麺は、目にも涼やか。ボリュームが欲しい時は、ツナ缶やサバ缶を載せるとおいしいですよ。

材料(2人分)

★みりん 50ml
★砂糖 小さじ1/4
★醤油 50ml
★顆粒だし 大さじ1
★水 300ml
レモン 1個
お好みの麺(そうめん、うどん、そば等) 2束
お好みの薬味(大根おろし、ねぎ、クレソン、七味、ごまなど) 適量

作り方

  • ★の材料でめんつゆを作る。小鍋でみりんを沸騰させてアルコールを飛ばし、火を止めたら残りの材料を全て入れ混ぜる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。
  • レモンを薄い輪切りにする。
  • 麺を茹でて冷水で洗い、水気を切って器に盛る。
  • ❶のめんつゆをかけて、麵の上にレモンを並べる。
  • お好みの薬味を載せたら出来上がり。レモンの果肉をしながらいただくと爽やか。

ツナ缶とザワークラウトの混ぜ麺

ツナ缶とザワークラウトの混ぜ麺 具を載せるだけのまぜ麺は、忙しい時にもぴったり。棒棒鶏風のコクのあるピリ辛ごまだれが、爽やかなザワークラウトに絡んで絶妙な味わいです。

材料(作りやすい分量)

★練りごま 大さじ1(タヒニで代用可)
★砂糖 大さじ2
★醤油 大さじ2
★酢 大さじ2
★ごま油 大さじ2
★顆粒だし 小さじ1/4(お湯大さじ1で溶かす)
★豆板醤 小さじ2
★おろししょうが 小さじ1
★ねぎのみじん切り 大さじ1
トマト 1/2個
そうめん(うどんや中華麺でもOK) 2束
ザワークラウト 100g(手作りなら本誌1087号のレシピを参照)
ツナ缶 大さじ4

作り方

  • ★をよく混ぜ合わせて、ごまだれを作っておく。トマトはくし切りにする。
  • そうめんを茹でる。茹で上がったら冷やし、ごま油(分量外)を少量絡めておく。
  • ザワークラウトとほぐしたツナ缶を麺の上に載せ、トマトを添える。
  • ❶のごまだれをかけたら出来上がり。麺と具を混ぜながらいただく。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Sep. 2021 1153号
特集:ドイツ・オペラ
を観に行こう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作