Facebookツイッター
ミュンヘン・インターナショナル・スクール
So. 17. Dez. 2017

簡単おいしいレシピ

坪井由美子(つぼいゆみこ):在独食いしん坊ライター。各地を取材で飛び回り、観光地から穴場のおもしろスポット、ライフスタイルまで、多様性に富むリアルなドイツを発信中。欧州の食文化について日本のメディアへの寄稿多数。http://allabout.co.jp/gm/gp/878/

クリスマスマーケットの味を自宅で

街ではクリスマスマーケット真っ盛り。屋台の食べ歩きも楽しいですが、自宅で好きなだけ食べてみたい! と思うのも食いしん坊の性。そこで今回は定番の人気メニューを再現。これでいつでもあの味が楽しめます。

シャンピニオンプファンネ

シャンピニオン
プファンネ じっくり炒めたマッシュルームとにんにくソースの組み合わせが絶妙で、日本人にもファンが多い一品。ドイツの屋台風に三角に切った食パンを添えてどうぞ。

材料(4分)

マッシュルーム 300g
玉ねぎ(小サイズ) 1個
パプリカパウダー 大さじ1
バルサミコビネガー 大さじ2
顆粒ブイヨン 小さじ1
にんにく 2片
サワークリーム 100g
パセリのみじんぎり 大さじ1
オリーブ油 1大さじ1
適宜

作り方

  • マッシュルームは汚れを落とし、食べやすい大きさに切る。玉ねぎは薄切りにし、にんにくはすりおろす。
  • サワークリームにパセリとにんにく1/2片分を混ぜあわせ、塩で調味してソースをつくっておく。
  • フライパンにオリーブオイルを熱し玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら マッシュルームも加えて炒め、パプリカパウダーと残りのにんにくをからめる。
  • にブイヨンとバルサミコを加え10分ほど煮込み、塩で味を整える。
  • 器に盛り、のソースをかける。

カルトッフェルプッファー

カルトッフェルプッファーあつあつを頬張りたいドイツ版ポテトパンケーキは、リンゴソース添えが定番。ポテトを一部千切りにすると、もちもちとさくさく両方の食感が楽しめます。

材料(4個分)

じゃがいも(中サイズ) 4個
玉ねぎ 1/4個
片栗粉 大さじ3
1個
小さじ1
こしょう 小さじ1/4
サラダ油 適宜
リンゴ(小サイズ) 1個
レモン汁 1個
砂糖 小さじ1

作り方

  • リンゴソースをつくる。リンゴは皮をむき小さくカットし小鍋に入れて レモン汁と砂糖をまぶし、火にかけてつぶしながらなめらかにする。
  • じゃがいもは皮をむき3個をすりおろし、残り1個は千切りにする。軽く水気を切りボウルに入れる。玉ねぎもすりおろして混ぜ合わせる。
  • に片栗粉と卵、塩こしょうを混ぜあわせる。 
  • フライパンに多目にサラダ油をひき、生地を丸く広げて両面をこんがりと揚げ焼きにする。 
  • アプフェルムースを添えていただく。上記レシピのにんにくソースやシンプルに塩だけでいただくのもおすすめ。 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic製品 15%OFF Japan Airlines 日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー Japan Travel SIM バナー 日本メディカルセンター

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス